Treasure Data接続のTableauワークブックを安全に共有する

Tableau Desktopで、データソースにTreasure Dataを使った場合、ワークブック(twbファイル)にTreasure Dataのアカウント情報が埋め込まれてしまいます。

アカウント情報を毎回入力する必要がないため、自分だけが使う場合は便利ですが、他の人に共有する場合には不都合な仕様です。

作成した人がアカウント情報を削除し、共有された人が自分のアカウントで利用できる方法をまとめました。(Windows10 / Tableau Desktop 2021.2.0 / Presto JDBC Driver 0.179 での情報)

作成したAさんの手順

twbファイルをテキストエディタで開き、アカウント情報の箇所を探します。データソースが複数の場合は複数あります。Aさんのユーザー名で検索すれば確実です。※下記の文字列はダミーです

<connection authentication='No Authentication' class='presto' dbname='td-presto' one-time-sql='' port='443' schema='sample_datasets' server='api-presto.treasuredata.co.jp' sslmode='require' username='MZ61QyM1lQwU4XJmdWhfn2KNtfAqc0KuPICyL6ZT3vxG' warehouse=''>

username以下のユーザー名部分を削除し(引用符は残す)、上書き保存します。

<connection authentication='No Authentication' class='presto' dbname='td-presto' one-time-sql='' port='443' schema='sample_datasets' server='api-presto.treasuredata.co.jp' sslmode='require' username='' warehouse=''>

共有されたBさんの手順

最初、サーバー名などすべての項目が空欄ですが、いったんスキップするとユーザー名の入力だけで済みます。

f:id:gri-blog:20210630191026p:plain
最初の画面は全項目要求されるのでスキップ

f:id:gri-blog:20210630191115p:plain
接続の編集を選択

f:id:gri-blog:20210630193652p:plain
Bさんのユーザー名だけ入力すればよい状態

接続後、ワークブックを上書き保存すれば、Bさんのアカウント情報が埋め込まれたファイルになります。

Prepでもできるのか

Tableau Prep Builderでも同じようなことを試しましたが、いまのところ不可でした。